神社紹介



郵便番号 〒 5201224
鎮座地 滋賀県高島市安曇川町上小川179
トップ > 滋賀県の神社 > 神社紹介
日吉神社 (ヒヨシ)
御祭神
大山咋神
御神紋
左三ツ巴
御由緒
明細書によれば由緒不詳であるが、社伝によると日吉二之宮を勧請したとある、但その年月は不詳。寛文5年神輿を改造し、正徳2年社殿を再建し、寛政7年拝殿を再建し、天保10年社殿再建すとある。
本殿・境内建物
〔本殿〕三間社流造 間口二間四尺 奥行二間三尺
〔拝殿〕入母屋造 間口二間一尺 奥行二間三尺
〔その他〕神輿庫 神饌所 社務所
境内社(摂社・末社)
八幡神社 愛染神社 中道神社
祭礼日
祭礼日は神事(祭儀)のみ行ない、御神輿・山車・露店などは別の日に出る場合があります。お出かけの際は念のため神社にお尋ねください。
5月 16日
10月 10日 えやおう神事
助九郎湯ともいう。慶長年間に小川村の小川助九郎が大坂の陣に出陣し、功を成して後、本社に刀や装束を寄進し、お湯を奉納したことにちなむという。神事は前方に的を立て、その前で新藁を燃やし、刀と装束を背負つた男の子2人が「えやおう」の掛け声とともに、拝殿と火の間を往復する。また集まつた氏子には「牛の舌」と呼ばれる餅と豆が配られる。
〔本務社|高島支部〕
Copyright(C)滋賀県神社庁. All rights reserved.